目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【第10回】大学ってこんなとこ! 〜立教大学文学部編〜

こんにちは!
毎日がエンターテイメント御茶ノ水講師のアツです!
“合コン”ってよく聞く言葉ですが、つい最近まで友達のTは“合唱コンクール”の略だと勘違いしてたみたいです。
なんて天然な、、
受験でも勘違いで点数を落とすなんてことありますよね、所謂ケアレスミスです。
そこで今回はそんなミスを防ぐためになんと!
間違いにすぐ気づけるように!!
僕から読者の皆さんに向けてなんとなんとぉ!!!!
私の通っている立教大学文学部の紹介をしたいと思います。
 IMG_8715

文学部の特徴

空きカンを投げつけるのをやめてください。
まず立教大学の文学部には4種類の学科(キリスト教,文,史,教育)があります。
その中でも文学科は5種類に分かれていて文芸思想,英米文,日本文,ドイツ文,フランス文と多種多様な専修を選択できます。
・ざっくり言うと、女性が多いです。
この記事を見てふと出願書を握っていた男子諸君、チャンス!!
特に史学科は文学科の中でも入りやすいと言われている穴場!!
急いで蛍光ペンで囲もう!
しかし競争率が少ないだけであって入試そのものの難易度は変わらないからある程度の学力は必要だぞ!!!
、、、箇条書きのつもりが、過剰書きになってしまいました、反省します。
ホットレモンを投げつけるのをやめてください。
とはいっても、キャンパス内の雰囲気は自由そのものです。
一人一人がオシャレに気を遣っているので、落ち着いた雰囲気の中で個人が自由に活動しているといった印象を感じられます。
かといってオシャレじゃなければいけないなんてことはありません
僕はこの夏半袖短パンで過ごしていましたが特に咎められることはありませんでした。
もしかしてオシャレだったのかなぁ(錯乱)
一言で表すなら『平和』ですね。
文学部の講義の内容は主に、文献について詳しく調べることや、日本の歴史、美術、語学を突き詰めるものがメインです。
学科によっては特殊なものもあります。
また英語は必修としてプレゼンテーションやディスカッションがあり、避けては通れない道なので得意にしておくほど有利になります。

 

 

受験生のみなさんへ

立教大学の入試は英語が難しいです。
しっかりと過去問を使って傾向を把握してください。
時間がある方は、早慶レベルの長文にある程度慣れてから立教の過去問に触れて見てください、きっと簡単に感じられるはずです。
第1志望の方は大問1と2の長文で8割の得点を目指して演習を繰り返してください、大問5が最強に難しくてここで得点をどっさり落とすからです。しかし周りの受験生も大問5は解けないので、その対策をせずに、他でしっかりと8割得点を目指しましょう。
マーク式が主流なので消去法を活用することと、問題を解く前に設問を確認してある程度聞かれていることを把握することを心がけてみてください。
キャンパスでお待ちしています。
共に歓喜の叫びで合コンしましょう。

 


 

武田塾では、逆転合格のためのルートを紹介しています!

成績が伸びない…という悩みを持っている方いませんか?
今の勉強を見直すことで成績は大きく上がりますし、まだまだ
間に合います!
無料受験相談を受付中!1時間の面談で勉強の不安を解決できるので
ぜひ気軽にご相談ください!

受験相談申込はこちらをクリック

 

一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加