目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

七草粥を食べて胃袋から切り替え!

こんにちは!

講師の高松です!
 
 
年も明けて数日が経ち、センター試験まで残り10日をきっています。

風邪をひかないように体調管理に気を付けましょう!

 
 

さて、みなさんは年末年始に何を召し上がりましたか?
 
 
クリスマスにチキン、ケーキ
年末に年越しそば
お正月におせちやお雑煮、すき焼き、カニ
 
などなど・・・

 
 

明後日1月7日は松の内(正月の門松のある間)の最後の日にあたる、人日の節句という五節句のひとつです。

 

*五節句とは

1年間に5つある季節の節目のこと。

1月7日 人日(じんじつ)の節句

3月3日 上巳(じょうし)の節句

5月5日 端午(たんご)の節句

7月7日 七夕(しちせき)の節句

9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

 

 

1月7日は別名「七草の節句」であり、七草粥を食べて1年の方策と無病息災を願います。

七草粥の具材になる七草をご存知ですか?

それぞれの意味と効果も併せて紹介します

 

芹(せり)▷「競り勝つ

高血圧、健胃作用、便秘、整腸作用、風邪、貧血などに効く作用がある。

 

 

薺(なずな)▷「撫でて汚れを除く

別名をぺんぺん草。

殺菌・消炎・止血・血液循環促進・抗菌・利尿・収斂・血液低下・解熱作用など

 

 

御形(ごぎょう)▷「仏体

痰や咳に効果があります。また、のどの痛みもやわらげます。

 

 

繁縷(はこべら)▷「繁栄がはびこる

はこべとも呼ばれます。

止血・抗菌・美肌効果・解毒作用など。

 

 

仏の座(ほとけのざ)▷「仏の安座

胃を健康にし、食欲増進、解熱・鎮痛作用があるといわれている。

 

 

菘(すずな)▷「神を呼ぶ鈴

カブのことです。

ビタミンが豊富に含まれている。免疫力の向上や、老化防止、美容などに効果的であり、胃腸を整え、消化を促進します。しもやけやそばかすにも効果があります。

 

 

蘿蔔(すずしろ)▷「汚れのない清白

大根のことです。

ビタミンやカルシウムが豊富に含まれていて、風邪予防や美肌効果に優れています。

 

 

七草それぞれの意味も縁起が良くていいですね!!

七草には消化に良い成分や栄養素が含まれていて、胃腸を整え免疫力を高めるのに効果的です。

 

 

年末年始は1年で最も胃腸に負担をかける時期なので、七草粥を食べ疲れた胃を癒して勉強頑張りましょう!!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!

 


 

武田塾では、逆転合格のためのルートを紹介しています!

成績が伸びない…という悩みを持っている方いませんか?

今の勉強を見直すことで成績は大きく上がりますし、まだまだ

間に合います!

無料受験相談を受付中!1時間の面談で勉強の不安を解決できるので

ぜひ気軽にご相談ください!

無料受験相談申込はこちらをクリック

 

 

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加