目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【現役医学部生直伝】英単語の推測方法 〜前編〜 

皆さんこんにちは!

 

武田塾御茶ノ水本校講師のカズです!

 

今回は

 

長文の中での英単語の推測方法

 

について書いていきたいと思います。

 

 

武田塾式の勉強をしている人は受験勉強を始めた時から英単語の学習に誰よりも力を入れていますよね?

 

 

それでもいざ過去問を解いてみると

 

「え、この単語なに??」「あんなに単語勉強頑張ったのに・・・」

 

と思うことが多いはず。

 

 

 

当然です!!

 

 

世界には100万語以上の英単語が存在するといわれているのですから、試験問題に未知語が出てくるのが当たり前なんです。

 

 

未知語を前にしたとき、多くの教師・塾講師は

 

「推測すればいいよ」

 

と言いますが

その方法について時間をとって詳しく教えてくれる人はなかなかいません。

 

でも

 

 

英単語の推測方法にはちゃんと方法があるんです!!

 

 

そもそも英語が苦手な皆さんは

単語の推測が難しいものだと思っていませんか??

 

 

では質問です。

 

皆さんは日本語の単語をもれなく全て知っていますか??

 

 

「YES」と答えられる人はいないはずです。

 

 

私たちは日本語の文章を読むときでさえ単語の推測をしているのです。

 

 

具体例をみて考えていきましょう。

この漢字、読めますか??意味は分かりますか??

 

 

「孑孑」

 

 

難しいですよね・・・

 

ではこうなったらどうですか?

 

 

「孑孑の研究」

 

 

ふーん、研究対象なのか。

というところまではわかります。

 

 

ではこれはどうでしょう。

 

 

「夏休みの自由研究。多くの生徒がカブトムシやアサガオ、メダカの研究をする中、彼は孑孑の研究をした。」

 

 

なるほど、孑孑は生き物なのか!

ここまで文を理解できるのです。

 

 

答えは「孑孑(ぼうふら)」です。

 

でも大切なのはドンピシャで「ボウフラ」と当てられなくても

「生き物の一種だ」と推測できたことです。

 

 

推測のポイント①「未知語に引っ張られず、周囲の情報をもとに推測」

 

推測のポイント②「未知語の意味をドンピシャで当てる必要はない」

 

 

未知語を目にするとどうしてもそこで焦ってしまう人が多いようです。

速読にも支障が出てしまいます。

 

 

でも考えてみてください。

 

 

知らないものは知らないのです。仕方ないじゃないですか!!

 

 

 

長文で大切なのはあくまで文全体の大意を把握すること。

推測をするのは長文をスムーズに読むことが目的です。

 

 

ですから上の例のように、周囲の文の情報からその未知語の意味をざっくりとイメージするだけでいいのです。

 

 

 

「推測」って簡単でしょう?

次回からはもっと実践的な話に展開していこうと思います!

 

 

お楽しみに!

 

 


 

武田塾では、逆転合格のためのルートを紹介しています!

成績が伸びない…という悩みを持っている方いませんか?

今の勉強を見直すことで成績は大きく上がりますし、まだまだ

間に合います!

無料受験相談を受付中!1時間の面談で勉強の不安を解決できるので

ぜひ気軽にご相談ください!

 

無料受験相談申込はこちらをクリック

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加