目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

早慶上智への勉強法〜日本史編〜

こんにちは!

武田塾御茶ノ水本校講師で、慶應義塾大学法学部所属の石川です。

 

選択科目を選んだ高校1・2年生は、そろそろ勉強を始めた頃でしょうか?

 

まだ選んでないと言う人は、ぜひこの記事を参考にしてください!↓↓

【文系受験生必見】科目選択のススメ〜社会編〜

 

今回は、日本史の勉強法についてまとめていきたいと思います!

 

日本史を勉強する時に意識すること

 

1.出てきた年号は記録しておく

 

日本史を勉強するにあたって『元祖日本史年代暗記法』という参考書をやることになると思います。

 

しかし、他の参考書や大学の過去問を解いていると『元祖年代暗記法』に載っていない年号が出てくると思います。

 

そこで、私は一通りこの参考書に載っている年号を覚えた後、ここに載っていない年号も空白の部分に記録していき、どんどん覚える年号の数を増やしていきました。

 

一見もう出てこないだろうと思われる年号も迷わず追加していきました。

直接問題として出ることは滅多にありませんでしたが、他の問題を解くときの手掛かりとして利用できることが多かったのでオススメです。

 

 

 

2.自分でゴロを作って覚えてしまう

 

日本史の勉強の大半をなすのは出来事や人名の暗記であると思います。

 

しかし、日本史の範囲はとても広く、問題となる用語もとても多いため覚えきれなくなるときが来ると思います。

 

また、人それぞれいくらやっても覚えられない単語があると思います。

 

実際私もそうでした。そこで私は独自のゴロを作り始めました。一見こじつけで無理があるようなゴロでも、自分で作ったものは意外と忘れません。

 

そして、作ったゴロは『日本史一問一答(東進)』の該当箇所に記入して、毎回見たときに思い出せるようにしていました。

 

書いておかないとすぐ忘れてしまうので注意してください!

 

 

 

3.自分だけの参考書を作る

 

私が受験生時代に日本史を勉強するにあたって一番重宝していたのが『日本史一問一答(東進)』でした。

 

やっている人はわかると思いますが、量が多く、難易度も何段階かに分けられています。

 

ある時、私は「毎回全部やるのも大事だけど、時間がかかりすぎる!」と思いました。

 

そこで、暗記しづらい箇所や何度も間違えてしまう箇所、過去問で多く見かける箇所には付箋を張り付けていき、どんどん一周するときにやるべき場所を限定していきました。

 

付箋はかなり多かったですが、全部の量に比べればましと思えるような量でした。

 

結局、模試や入試で間違えるところというのはこの付箋が張られるところなのです。

付箋の箇所や量は人によって変わってくると思いますが、自分ができていないところが一目瞭然になり、勉強の効率が上がること間違いなしなのでオススメです。

 

(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EweoryCNVEg)

 

まとめ

 

日本史の勉強法において、大切なことは

 

・出てきた年号は記録しておく

オリジナルのゴロを作る

・参考書をどんどんカスタマイズしていく

 

です!
日本史の範囲はとても膨大です!

今からコツコツと勉強していきましょう!

【文系受験生必見】科目選択のススメ〜社会編〜

 


 

武田塾では、逆転合格のためのルートを紹介しています!

成績が伸びない…という悩みを持っている方いませんか?
今の勉強を見直すことで成績は大きく上がりますし、まだまだ
間に合います!
無料受験相談を受付中!1時間の面談で勉強の不安を解決できるので
ぜひ気軽にご相談ください!

 

無料受験相談申込はこちらをクリック

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加