目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

理系のためのセンター現代文~安定した得点が欲しいあなたへ~

皆さんこんにちは!!

武田塾御茶ノ水本校講師のKです!

 

 

さて今回は、

 

「記述試験では現代文は使わない!だけどセンターでは必要!どうすればいいのかわからない!!」

 

という理系受験生のために効果的なセンター現代文学習法についてお話していきます!

 

 

ほとんどの国公立理系受験生は5教科7科目受験で、なかなか現代文に費やす時間はありませんよね・・・

 

でも最終的には現代文で点数が伸び悩む人が多いのも事実です・・。

 

高得点とはいわずとも、どうすれば「安定した点数」がとれるのでしょうか。

 

 

よく世間ではセンター現代文に対する「裏技」なるものが飛び交っています。

 

 

現代文に極力時間をかけたくない理系受験生はこの甘い言葉にのっかりがちです。

 

 

しかし、注意してください!!

 

 

そんなものは存在しません!

 

 

小手先のテクニックだけで安定した点数がとれるほどセンター現代文は甘くはない!

 

 

現代文で安定した点数をとるには、「現代文の読解力」を向上させるほかないのです。

 

 

おすすめの問題集は、河合塾駿台などの大手予備校が出しているセンター本番形式の実戦問題集です!

 

今回は、それを使った勉強法を紹介しようと思います!

1.解き方

 

はじめは時間がかかっても構いません。しっかり本文を読む時間を確保します

 

各問に関してはできるだけ選択肢に頼ることなく自分で解答を頭の中でつくり、それに最も近い選択肢を選びます。

 

時間勝負のセンター試験で最も無駄な時間は選択肢で迷っている時間です。

 

理系受験生は現代文記述問題の対策をやっていない人が多く自分の頭で解答を考える力があまり高くないように感じます。

 

 

だから選択肢に頼り、迷い、貴重な時間が消費されていくのです。。。

 

 

記述の練習はしてもしなくても構いませんが、センター試験対策では解答を自分の頭で作る訓練をしましょう!

 

 

2.復習方法

 

採点が終わったら、解説の熟読に入ります!

 

各問の解説だけでなく、文全体を通した解説も熟読しましょう。

 

センター実戦型の問題集は、

「本文の正しい読み方」=「見本」を提示してくれています。

この見本を自分の中にしっかりと取り入れることが大切です。

 

これを理解したら、もう一度文章を読み返します。

 

解説で得た「見本」通りの読み方を意識することが大切です。

 

 

以上が、センター現代文に極力時間をかけたくない理系受験生のため学習方法です。

 

 

本格的に勉強を始めるのは早ければ早いほどいいです。

 

センター現代文は1か月や2か月程度でマスターできるほど甘くはありません!

夏前にはしっかり対策を練りましょう!

 


 

武田塾では、逆転合格のためのルートを紹介しています!

成績が伸びない…という悩みを持っている方いませんか?
今の勉強を見直すことで成績は大きく上がりますし、まだまだ
間に合います!
無料受験相談を受付中!1時間の面談で勉強の不安を解決できるので
ぜひ気軽にご相談ください!

 

無料受験相談申込はこちらをクリック                                   

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加