目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【科目選択】私立文系の数学受験って有利?不利?

こんにちは!
講師の高松です!

 

私大一般入試が始まり、高校1、2年生は受験に向けて進路を決めている時だと思います。

わたし自身、進路を決めるときもともと数学が好きなので国立理学部に進もうと考えていました。

そんな中、高2の秋から経済学を学びたいという気持ちがでてきました。

高3の夏前まで進路を確定できずに理系クラスで数Ⅲも物理もバリバリ勉強していました。

 

その後、経済系学部だけを受験しようと決め英数国をメインの受験科目にしました。

そんな今日は「文系の数学受験のメリット」についてお話ししたいと思います!

 

1.国公立との併願がしやすい

 

多くの受験生が苦手意識を持つ数学をやっていると、国公立との併願がしやすいです。

 

社会科目をやるよりも数学をやる方が大変な気がする、、、
と思う受験生は多いです!

 

学校でも数学は必修の科目として高校1年生の時から授業が決まった時間数あると思います!

 

その時からしっかりと数学をやることで苦手意識が減り、受験科目として使う選択肢が増えます。

そうすることによって「国公立を受けてみようかな!」と、視野が広がります!

 

2.得点調整&定員数

 

一般的に社会科目よりも数学の方が平均点が低くでやすいです。

また数学受験のほうが定員数が多かったりすることもあります。

いくつか例をあげて考えてみましょう!

 

例1)2017 早稲田大学商学部 平均点
日本史 30.655
世界史 36.479
政治経済 30.244
数学 9.919

 

例2)2017 慶應義塾大学経済学部
・A方式(数学有り)
募集人数:420
合格者総数:1,102
倍率:4.2
・B方式
募集人数:210
合格者総数:426
倍率:5.3

 

例1に関しては明らかに平均点の差があります。

なぜなら数学では何もわからずに0点を取ることが普通にありえるから平均点がとても低く出ます。

 

得点調整が行われた結果どうなるかというと、
数学で5割とれれば社会で8割とった人より点数が高くなります。

 

しかし、ここで大事なのは早稲田大学商学部の数学はとても難しいということです。
文系の数学受験ができる中で最難関と呼んでもいいくらい難しいです。

 

もし数学受験をするとしたら、数学への苦手意識をなくすことが大切です!

 

3.大学に入った後便利

 

文系の数学受験といえば何学部が思い浮かびますか?

 

経済学部です。

 

経済学部では数学を使うことが多くあります。

統計学やミクロ経済学の授業で数学を使います。

 

わたしは指数関数、対数関数の微分や三角関数の微分も大学の授業で扱いました。

このように数学ができると大学に入った後便利です。

 

 

以上、文系の数学受験のメリットを3点あげさせていただきましたが

「本当に本当に数学が苦手で見たくもないしやりたくもないしどうしようもない!」

という方には社会科目での受験をオススメします。

 

数学は基礎が理解すれば楽しく学べる科目であるので、
とりあえずは苦手意識をなくすことが大切です!

 

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

関連記事

 

【受験】偏差値を跳ね上げる究極の数学勉強法!

 

 


 

武田塾御茶ノ水本校の人気記事TOP5

 

1位 【常識破り!?】受験勉強の効率を7倍にする方法!

 

2位 【受験生必読】2019年入試 大学受験難化予想! その対策とは?

 

3位 経済学部・経営学部・商学部の違いってなに?

 

4位 【大学受験】GMARCH法学部の違いは?難易度・特徴を徹底比較!

 

5位 【合格速報】偏差値46UP!慶応義塾大学経済学部・早稲田大学政治経済学部W合格!

 


 

\ まずは、お気軽に無料受験相談をご利用ください /

↓ ↓ ↓ 

 

お申し込みはこちらから!

 

 

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加