目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【効果抜群】ケアレスミスの対処法!

 

 

皆さんこんにちは!

 

武田塾御茶ノ水本校講師のカズです!

 

 

 

今回は「ケアレスミスの対処法」について書いていきたいと思います!

 

 

 

ケアレスミスって誰もが悩むポイントです・・・。

 

 

「解き方が分からない」とか「用語を知らない」みたいに得点できなかった原因が明確ではないから、

 

 

どうすればいいかわからないんですよね。

 

 

復習しても結局、「注意しよう」「気を付けよう」で終わってしまう人が多いみたいです。

 

 

こんなにも皆を悩ませるケアレスミスが、この世から無くなる日は来るのでしょうか・・・。

 

 

 

私の意見は、

「完全にはなくならないが、意図的に減らすことはできる」

です。

 

 

 

ひとりの人間が一本の鉛筆だけで作業を進める、こんな不確実な方法で受験が行われている以上、ミスはいつか必ず発生してしまいます。

 

それは割り切るしかないでしょう。

 

 

大切なのは「注意しよう」「気を付けよう」というように、抽象的な解決策を挙げて終わりにしないことです!

 

 

具体的な方法を紹介します!

 

 

 

STEP傾向をつかむ

 

ケアレスミスには必ず傾向があります。

だから、「自分はどんなミスをしやすいのか」を把握することが大切です。

 

 

筆者は、「ケアレスミスまとめノート」を作っていました。

ケアレスミスしたな~と感じたらそのノートにそのミスを具体的に書き込みます。

 

 

計算ミスであっても、実際にその計算をノートに書いて、どこをどう間違えたのかをしっかり描くことが大切です。

 

 

受験当時の筆者は、「少数の乗除で計算ミスが多い」「有効数字のミスが多い」という傾向があることが分かりました。

 

こんなふうにミスの傾向が把握出来たら、これを次のステップで活用します。

 

 

STEP 得られた傾向を演習中に活かす

 

 

入試の試験時間は長いです。

 

 

あんなに長い時間、ケアレスミスがないように絶えず気を配るなんて到底できません。

 

 

それでは解答のスピードも落ちてしまいますからね。

 

 

ここで、①で得られた傾向を活用します。

 

 

自分が間違えやすいポイントが分かったら、その部分だけ特に注意して取り組めばいいんです。

 

 

例えば筆者のように

 

「少数の乗除で計算ミスが多い」ことが分かれば、ここの部分でじっくり時間をかけたり、何度か計算を繰り返したりしてみます。

 

「有効数字のミスが多い」ことが分かっているのであれば、試験のラスト10分に有効数字のチェック時間を作ればOKです。

 

 

 

ケアレスミスがないようにと、解答の全てに目を通してチェックするのは時間的にもミス発見確率的にも非効率です。

 

 

 

自分特有の傾向を把握し、試験時間の中でスピードを上げて解く部分としっかりと時間をかける部分を作ること、

 

つまりメリハリをもって取り組むことが、ケアレスミス対処には有効かと思います!

 

 

以上の2つのステップをぜひ試してみてください!

 

 


 

武田塾では、逆転合格のためのルートを紹介しています!

成績が伸びない…という悩みを持っている方いませんか?
今の勉強を見直すことで成績は大きく上がりますし、まだまだ
間に合います!
無料受験相談を受付中!1時間の面談で勉強の不安を解決できるので
ぜひ気軽にご相談ください!

 

無料受験相談申込はこちらをクリック

                      

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加