目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【徹底まとめ】順天堂大学医学部医学科ってどんなとこ?

こんにちは!

順天堂大学医学部医学科の山本です!

 

 

今回は、順天堂大学医学部はどういったところで、どんなことを学んでいるかを紹介していきたいと思います。

 

 

主な入試方式は3つある!

まず、入試方式についてですが、主に3つあります。

 

一般入試

 

1つ目は一般入試で、これは普通の私立大学の一般試験と同じようなものです。

 

センター利用入試

 

2つ目はセンター利用方式です。

センター試験の点数のみをもとに合否を決めます。

 

センター併用入試

 

3つ目はセンター併用方式です。

この方式ではセンター試験の点数と一般受験形式の試験の点数を合わせて合否が判断されます。

 

その他の入試方式

 

他にも東京都や新潟県などの地域枠留学生・帰国子女生向けの入試方式もあるので、

詳しくは是非本学部のホームページをご覧ください!!

 

 

気をつけたい入試の注意点

 

ここで注意点なのですが、ほかの学部と大きく異なる点が上記の方式すべてに共通してあります。

 

それは試験科目に小論文と面接が含まれるということです。

 

勉学の成績だけでなく、その人の社交性や人間性も試験されるということを覚えていてください。

 

 

一年生は全寮制!!?!?

次に大学生活ですが、本学部はなんと、1年次は全寮制なのです!

 

1年次は千葉県にある酒々井キャンパス(成田空港から近いかも)というところで、

寮生活をしながら一般教養科目を勉強し、

2年次からは御茶ノ水の本郷キャンパスで本格的な医学の勉強を進めていきます。

 

 

この酒々井キャンパスがなかなか強烈で、大学の周りは田んぼしかないど田舎です。

 

 

私立医学部ということで、それまで都会で生活してきたお坊ちゃまお嬢様は、

衝撃を受けたそうです(私は同レベルのど田舎出身なのでその感覚はわかりませんでした)。

 

 

酒々井キャンパスは本来スポーツ健康科学部のキャンパスであるため、

寮では医学部だけでなく、スポーツ健康科学部の方々と共同生活を送ります。

 

 

人生をスポーツにかけてきた、かけている人たちと、

寮祭などのイベントを通じて深くかかわることができ、自分が人間として成長できた場だと思います。

 

 

この全寮制の環境と、学部に入学した当初の人数が130人ほどであり、

その全員が同じ教室で授業を受けているということから、学年全員がお互いを知っている状況で、和気あいあいと勉学に臨めています。

 

 

本郷キャンパスに移ってからは本格的な医学の勉強(解剖や病理学など医学っぽいこと)が始まり、

ここからは一般的な大学と違い、履修すべきカリキュラムが基本的に決まっているため、

履修カリキュラムを自分で組むということがほとんどなくなります。

 

2年次は基本的に朝の9時から夕方の5時まで学校に拘束されていて大変でした。

 

本郷での都会生活を過ごしてしばらくたつと、酒々井での気楽な生活とスポーツ健康科学科の仲間たちが恋しくなります笑笑

 

 

本学部の紹介は以上となります。

 

この記事を読んで、医学部や順天堂大学に興味を持ってくれれば幸いです!

 

 


 

武田塾では、逆転合格のためのルートを紹介しています!

成績が伸びない…という悩みを持っている方いませんか?

今の勉強を見直すことで成績は大きく上がりますし、

まだまだ間に合います!

無料受験相談を受付中!1時間の面談で勉強の不安を解決できるので

ぜひ気軽にご相談ください!

無料受験相談申込はこちらをクリック

 

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加