目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【びっくり】東大のおもしろ授業!

こんにちは!

武田塾講師のYです。

 

 

今回は東大で実際に行われた、変わった授業について色々書いていきたいと思います。

 

 

1 ボーカロイド音楽論

 

東大で行われた授業の中にボーカロイド音楽論というものがありました!

 

しかし、ボーカロイド音楽論とは何を学ぶ授業なのか皆目見当がつかない人が殆どだと思います。

 

この授業はボカロP(ボーカロイドでの作曲を行う人)であり音楽評論家でもある鮎川ぱて先生によって行われました。

 

ボーカロイドの楽曲を人文科学的手法で解釈していくというのが授業の大筋です。

 

 

2 そもそもボーカロイドって何?

 

おそらくこのブログの読者の中には
「ボーカロイドなんか知らないよ!」
という方も多数いると思いますので、
簡単にではありますがボーカロイドの説明をしたいと思います。

 

ボーカロイドとはヤマハが開発した音声開発技術とその応用製品の総称で、
メロディーと歌詞を与えることで、サンプリングされた人の声によって歌声を合成することができます。

 

 

人の声でありながら、人の歌声とは異なる「ボーカロイド」というジャンルの音楽を生み出せるというわけです。

 

 

このボーカロイドというサブカルチャー、ユースカルチャー(若者文化)に対して、
人文科学の眼差しを向けることは非常に画期的な試みですし、
大学生の時分にこの手の思索に耽ることは有意義だと私は思うので、
皆さんも機会があれば参加してみてはいかがでしょうか?

 

他大学から受講しに来ているひと(所謂潜っている人)も複数見かけましたので、
東大以外の方も興味を持ちましたら是非参加してみてください。

 

 

今回はここまでです。

勿論、ボーカロイド音楽論以外にも面白い授業は多数あるので、
皆さんが進学した大学にはどんな授業があるのか、
どんなことを学べるのか、
そういったことに対して高くアンテナを張ってもらえるきっかけにこのブログがなれば幸いです。

 

 

 


 

武田塾では、逆転合格のためのルートを紹介しています!

成績が伸びない…という悩みを持っている方いませんか?

今の勉強を見直すことで成績は大きく上がりますし、まだまだ間に合います!

無料受験相談を受付中!1時間の面談で勉強の不安を解決できるので

ぜひ気軽にご相談ください!

 

無料受験相談申込はこちらをクリック

 

                                         

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加