目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【現役大学生だからわかる】高校生と大学生はこんなに違う?!②

こんにちは! 御茶ノ水本校講師のKです。
今回は、“高校と大学の異なる所”というテーマで書いていきたいと思います!

 

 

ココが違うよ大学生活 その1 ~ 授業・講義

当然ですが、高校と大学とでは授業の内容や雰囲気は全く違います。

まず内容ですが、あらゆる分野でより専門的に、そして難しくなります。高校までの知識がなければついていくのがなかなか大変です。

また、第二外国語(中国語、フランス語、ドイツ語など)などの、多くの高校ではなかなか見られないような授業が始まります。

次に雰囲気について。基本的に先生から生徒への干渉はほとんどありません(中には鬼のように厳しい先生もいらっしゃいます)。

寝ている生徒やスマホをいじる生徒に注意をする場面というのは大学に入ってなかなか見なくなりました。皆、かなり自由にしています。

無断で授業を欠席したり、途中で抜けたりする生徒もちらほら・・・。

しかし裏を返せば、干渉されない分、すべて自己責任ということです。前述したように、専門的で難しい授業ですから、寝たりスマホをいじったりしていると、後々困ることになります。

ココが違うよ大学生活 その2 ~ 教員

大学では、講義を行うのはその道のスペシャリストである研究者です。

日々研究に勤しみ、論文を書くことでその地位にいる先生方は、高校の先生方とは風格が違います。

高校の時よりも先生と生徒との距離は遠いように感じます(もちろん、フレンドリーに接してくださる先生もいらっしゃいます)。

 

ココが違うよ大学生活 その3 ~ 自学自習

その1でも書いた通り、大学からの勉強はより専門的で難しくなります。

ですので、日々の勉強がとても大切になります。

しかし先生の干渉が少なかったり、先生との距離が遠くなったりする分、高校の先生のような懇切丁寧な指導というのはなかなか受けられません。

自力で、時には仲間と教科書や本を読み、勉強し、理解するしかないのです。

武田塾の推奨する自学自習の精神というのは大学に行っても大切になってくるのかもしれませんね。

一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加