目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【最新版】明治大学の受かりやすい・合格しやすい学部

こんにちは!

武田塾御茶ノ水本校です。

 

10月になってから少し肌寒いですね。

体調管理にはくれぐれも気をつけてください。

 

さて、今回から各大学の比較的簡単に合格できる学部を紹介していきたいと思います。

 

第一回は明治大学です!

 

明治大学の受かりやすい・合格しやすい学部

 

明治大学といえば、MARCHの中でもかなり難しい部類に入る大学です。

それを反映して受験生からの人気も高く、いきたい大学ランキングでは常にTOP3に入るほどの人気っぷりです。

 

 

明治大学を第一志望とする人ももちろん多いですが、早稲田大学や慶應大学の滑り止めとして受ける受験生も多く、受験者数・倍率もかなり高くなっています。

 

 

入試問題に関して言えば、以前はさほど難しくはありませんでしたが2017年度あたりから一気に難化したように感じます。

 

そんな明治大学ですが、強いて合格しやすい学部を挙げるとするならば

農学部食料環境政策学科

です。

 

 

入試概要

 

募集人数・倍率

募集人数 79人

 

2018年度 倍率 8.9倍

 

2017年度 倍率 5.9倍

 

入試科目

3教科(300点満点)

国語  国語総合(漢文を除く)(100)

外国語  コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(独・仏選択可)(100)

 

選択科目 【】より一科目選択する。

      【地歴】世B・日B・地理Bから選択(100)
      【公民】政経(100)
      【数学】数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
      【理科】「化基・化」・「生基・生」から選択(100)

 

 

なぜ学部は受かりやすいのか?

 

まず一つ言えるのが、明治大学より偏差値が高い大学に農学部が存在しないということです。

(東大はありますが、ここでは置いておきます。)

 

なので、自ずと農学部志望の学生は明治大学の受験生がトップレベルとなって来ます。

 

他の、政治経済学部・法学部・商学部などは早慶の経済・経営系を併願する受験生が多くいるので、受験生のレベルは比較すると高くなっています。

 

また、政治経済が選択できるというのもその理由の一つです。

 

早稲田大学の一部の学部でも使用できますが、今の受験業界では受験科目を見直す動きがあり、公民が受験科目として取り扱われないケースもあります。

 

そんな中、明治大学農学部食糧環境政策学科では政治経済を選択することが可能となってます。

 

早慶クラスの大学を併願する受験生の多くは、日本史・世界史・数学選択なのでライバルのレベルは相対的に下がってくると思われます。

 

ということで、以上の二点をまとめると、

・農学部が上位の大学に存在しない

・政治経済が選択可能である

となり、結果的に受験生のレベルが相対的に高くはないのでおすすめします!

 

明治大学に合格するためには?

 

明治大学に合格するためには、適切な勉強法で対策をする必要があります。

しかし、適切な勉強法とは人それぞれです。

 

武田塾の受験相談では無料であなたに合った勉強法をアドバイスさせていただきます!

 

この時期から受験相談を受けて早稲田・慶應・MARCHなどの難関大学に合格した例も多数あります。

 

今から明治大学に逆転合格したい方はぜひ無料受験相談へお越しください!

     ↓

詳しくはこちらから!

 

 


 

武田塾御茶ノ水本校の人気記事TOP5

 

1位 【常識破り!?】受験勉強の効率を7倍にする方法!

 

2位 【受験生必読】2019年入試 大学受験難化予想! その対策とは?

 

3位 経済学部・経営学部・商学部の違いってなに?

 

4位 【大学受験】GMARCH法学部の違いは?難易度・特徴を徹底比較!

 

5位 【合格速報】偏差値46UP!慶応義塾大学経済学部・早稲田大学政治経済学部W合格!

 


 

 

\ まずは、お気軽に無料受験相談をご利用ください /

↓ ↓ ↓ 

 

お申し込みはこちらから!

 

 

 

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加