目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【学部別英語対策】慶應商学部の英語で合格点をとる方法!【第三弾】

こんにちは!

 

御茶ノ水本校講師の高橋(勇)です!

本日は学部別の英語対策シリーズ第3弾、

 

慶應商学部の英語で合格点をとる方法について話していこうと思います!

 

 

配点や出題形式、目標点は?

 

まずは、問題形式や配点、時間などの特徴を見ていきましょう!

 

 

時間の割に問題量が多い!

 

慶應商学部の英語は90分間で大問7、8題を解かなければなりません。

 

設問数は60〜70問となっていて、とにかく時間の割に問題数が多いことが特徴です。

 

時間内に素早く正確に解ききる訓練が必要になりますね。

 

200/400点を英語が占めている!

慶應は全学部を通して英語の配点が高くなっているので、

合格するには英語で安定した得点を取ることが重要になってきます。

 

特に商学部では、全体の400点のうち200点を英語が占めています!

なので、英語で失敗してしまうと他の科目で挽回するのはかなり難しくなってくるでしょう。

 

A方式なら150点前後、B方式なら160点前後を目指そう!

 

目標点は、他教科の出来にもよりますが、

A方式なら150点前後B方式なら160点前後を目指しましょう。

 

慶應の中でも商学部の英語は比較的易しい方だと言われているので、高得点勝負になってきます!

 

次に各大問ごとの分析と対策を見ていきます!

 

各大問ごとの特徴と対策

慶應商学部の大問数は年度によって若干異なりますが、

今回は直近の2018、2017年の2年分を分析してみました!

 

長文問題(Ⅰ〜Ⅳ)で得点するために必要な力は3つ!

 

大問Ⅰ〜Ⅳで合格点をとるために必要な力は主に、

①スピード

②語彙力

③穴埋め問題対策 の3つになってくるでしょう。

 

それぞれのオススメ勉強法

 

①スピードの対策

 

先ほども述べた通り、慶應商学部の英語は時間との戦いになると思われます。

 

スピードを上げるにはひたすらに演習量をこなし英語を読むのに慣れるのが一番手っ取り早いです。

 

英語を左から右にノンストップで読みながら意味がちゃんと取れる

というのを目標に英語を読みまくりましょう。

 

またシャドーイングも速読力を養うのに効果的なので毎日1文実践してみてください。

 

②語彙力の対策

 

語彙力強化では、システム英単語など基本的な単語帳を進める際に意識して欲しい点があります。

 

それは、

「英語を見てから日本語が浮かぶスピードを限りなく0に近くする事」です。

例えば、「apple」という単語を見てから、頭の中で「りんご」という訳が浮かぶまで1秒もかからないと思います。

 

このレベルが理想です。基本的な英単語はこのレベルで記憶に定着させるように勉強しましょう!

 

その上で読んだ英語長文や解いた過去問に出てきた知らない単語を覚え、

純粋に知っている単語を増やしておきましょう。

語彙力はスピード向上にも繋がります、頑張りましょう!

 

③穴埋め問題の対策

 

慶應商学部の英語では長文問題のすべてに空欄補充問題があります。

 

では以下の問題を実際に考えてみてください。

(21) are the impacts.

1Also like 2Much as 3Same for4So too     (2018年度大問Ⅲより一部抜粋)

 

答えは4のSo tooです。後ろにbe動詞が続いていることから、前置詞で終わっている1〜3は間違いになります。

穴埋め問題というと、文脈から考えて答えを選ぼうとするかもしれません。

 

ですが、この問題を解く際にまず最初にして欲しいことは

単語の品詞や熟語などの知識で選択肢を絞ること です。

言い換えや語法、文法まで意識しないと解けないことが多いので、

ネクステージなどの文法問題集で各設問を自分で解説できるようになるまで仕上げましょう!

 

 

大問Ⅴ(文法問題)の対策

 

文法問題が1題出されますが、難易度はそこまで難しくありません。

逆に言えばここで落とすと他の受験生と差がついてしまうので対策を怠ってはいけません。

 

ここでも、普段から文法問題を自分で解説できるようにする事!

 

ネクステなどの文法の参考書を勉強する際は右側部分の解答の根拠まで網羅するのを意識しましょう。

 

 

大問Ⅵ・Ⅶ(単語変形)の対策

 

いきなりですが、ここで問題です!

 

下にある動詞5個の名詞形、何個答えられますか??

1. refer

2.request

3.know

4.explode

5.fail

 

商学部英語の特徴の一つは、与えられた動詞の名詞形を答える問題で、この5問は実際に過去に聞かれたものです。答えは記事の最後にあるので、しっかり確認して覚えてくださいネ。

 

対策としては、普段から派生語まで意識して単語を覚えること! に尽きると思います。

 

システム英単語などの単語帳には見出語の派生語が書いてあるものがあります。

必ず派生語まで目を通す癖をつけておきましょう!

また、動詞と名詞が同じスペルというパターンもあるので注意しておきましょう。

 

この問題では、変形さえできれば埋める位置で迷うことはないと思いますが、

一度解いてみて、万が一位置で迷うようであれば少し難易度の低い文章を用いて

文章の内容や言い換えを素早く正確に捉える訓練をしてみてください!

 

最後に

 

少し長くなったのでまとめると、、、

 

①慶應商学部では全体の半分の配点を英語が占めるので失敗できない!時間もきつきつ!

②速読ならシャドーイングを、単語は1秒以内に訳を思い出せるように、穴埋め問題はまずは文法的にアプローチをして選択肢を削る。

 

 

武田塾式勉強法で慶應商学部合格を勝ち取ろう!!

 

武田塾御茶ノ水本校では、慶應商学部合格に向けて

あなたに合った最適な勉強法具体的に提案いたします!

 

詳しくはこちらから!

 

 


 

武田塾御茶ノ水本校の人気記事TOP5

 

1位 【常識破り!?】受験勉強の効率を7倍にする方法!

 

2位 【受験生必読】2019年入試 大学受験難化予想! その対策とは?

 

3位 経済学部・経営学部・商学部の違いってなに?

 

4位 【大学受験】GMARCH法学部の違いは?難易度・特徴を徹底比較!

 

5位 【合格速報】偏差値46UP!慶応義塾大学経済学部・早稲田大学政治経済学部W合格!

 


 

 

\ まずは、お気軽に無料受験相談をご利用ください /

↓ ↓ ↓ 

 

お申し込みはこちらから!

 

 

〜単語問題の答え〜

1reference 2request 3knowledge 4explosion 5failure です。しっかり覚えておきましょう!

最後まで読んでくれてありがとうございました^^

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加