目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

早めの小論文対策のススメ

武田塾御茶ノ水本校です。

今回は受験生のみなさんが軽視しがちな小論文対策について焦点を当ててみたいと思います。

小論文なんて科目じゃない!と思っている受験生は多いと思いますがそれは事実であると同時に大きな誤解です。

 20170323-1

1.小論文対策は逆転合格の裏技!

 

多くの受験生が小論文対策をほとんどしないで入試に臨むため、小論文で差がつかないことから対策は必要ないと言えるのかもしれません。

しかし、これは差がつかないだけであって対策しなくても点数を取れているということではありません。

例えば慶應義塾大学の入試では小論文の点数は二極化していると言われています。

多くの受験生が小論文の対策を怠っているおかげで、経済学部であれば英語数学の点さえ高ければ周りの人も小論文は低いので合格できますが、やはり小論文の点数自体は低いのです。

 

合格者も含んで多くの受験生が小論文で低得点を取る一方で、対策をしてきた受験生の中にはかなりの高得点を取っている人もいます。

小論文は周りが対策をしていない分、しっかり対策して臨めば一気に差をつけることができます

慶應義塾大学の入試であれば、多くの受験生が東大などの併願で受けてきているため、英語数学社会などの科目で私文の人が勝つのは大変厳しい入試となっていますが、小論文で差をつければ主要科目への負担を下げることができます。

 

2.小論文を1科目として考えよう!

 

よくセンター試験が終わった後にセンターの結果を受けて、志望校を小論文がある学校に変更する人がいます。

彼らにとって英日国→英日小への変更は何のためらいもないようですが、

英日国→英世国に受験直前期に変更する人って普通いないですよね?仮に変更したとしても結果は自明だと思いますが…

 

小論文もきちんと対策しようと思ったら1科目として考えなければいけません

そして他の科目と同様に年間を通した受験勉強が必要です。

小論文受験を考えている人はこの春から早めに対策を始めましょう!!

一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加