目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

英単語を覚えるときの問題!本当に「1語1訳」でいいの?

英単語を覚える時に初めから1語につき複数の意味を覚えようとしていませんか?

シスタン 

確かに1語1訳だけでは不足することはあるかもしれませんが、最初は1語1訳で大丈夫ですし、1語1訳だけでも極めれば十分に入試に対応できます。

 

「なぜ最初は1語1訳だけでいいのか」

 

第一の理由は1語につき2つ以上の意味を一度に覚えようとすると頭の中が混乱してしまうので覚えづらいということです。1語1訳で覚えたほうが英単語と訳がしっかり一致するので初めはこっちの方が覚えやすいです。

 

第二の理由は1語1訳だけでも入試に対応できるということです。英単語を暗記する目的は単語テストで高得点を取ることではなく、実際の長文読解の中で知らない単語を減らすことで長文を読めるようにすることです。

単語テストと違って長文では文脈の中で単語が出てくるので文脈から意味を推測しやすくなります。つまり、1語1訳だけでも核となる1番大事な訳を覚えていれば、本当はそれ通りの意味ではなくても1語1訳で覚えた意味から推測することが可能になるのです。

 

「じゃあ二つ目、三つ目の意味は必要ないの?」

 

ここまで述べてきたように1語1訳でも対応できますが、もちろん覚えられるなら覚えていた方がいいです。あと単語によっては同じ単語でも全く違う意味の単語もあるので注意が必要です。

まず後者への対策はシステム英単語の巻末にある多義語の章に載っている単語の複数の意味を完璧にすることです。これで入試頻出の多義語はしっかり押さえることができます。

 

そして、さらに普通の単語の複数の意味を覚えるのであれば覚え方に注意した方がいいです。

最初から全部覚えようとすると大変なので、まずは1語1訳を完璧にしていることが前提となります。1語1訳をすらすら言えるようになったら少しづつ意味を増やして覚えていきましょう。

一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加