目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

ゴールデンウィークどうだった?長期休みを振り返り次に生かそう

こんにちは!

御茶ノ水本校講師の鶴見です。

 

受験生にとっての初の長期休みである「ゴールデンウィーク」がもう終わってしまいました。

計画通りにいった方も思ったよりはかどらなかった方もいると思います。ということで、今回は「ゴールデンウィーク」が終わり、その反省をどう活かすかについて記そうと思います。

20170509-1

では、順序立てて記していこうと思います。

1.はかどった理由、はかどらなかった理由を考える。

まず、計画通りできた場合もできなかった場合もその理由を考えます。
というのも、これから順調に勉強を進めていくために、そのような環境の作り方を知っておく必要があるからです。
計画通りにできた場合は、「自習室に毎日行ったから」とか「毎日、細かい計画を朝に立てたから」とか等、理由が思い浮かぶ場合が多くあると思います。
それを認知しておくことで、今後行き詰ったときにやる気を引き起こす対策となります。
計画通りにできなかった場合は、その原因と対策を考えるべきです。
例をいくつか挙げると、「集中できず、ペースが遅かった→環境を変える、集中できる時間帯に合わせて科目を調整する」「計画がきつすぎて、少しでも寝坊したりするだけで、その日の計画が崩れた→計画を朝にたてるようにする、やることを詰め込みすぎていないか確認し、より効率的な方法を探す」などが挙げられます。
これにしたがって今日からの勉強がはかどることを狙います。

2.土日を使って実践する。

次の長期休みは「夏休み」です。
「夏休み」を疎かにすることは何としてでも避けなくてはなりません。

そのため、「夏休み」にしっかりと勉強が進められるように準備をしておく必要があります。
ということで、活用できるのが土曜日日曜日です。
特に日曜日は「夏休み」における1日の予行練習に適しています。
上記のように「ゴールデンウィーク」における改善点を確認し、土日を使って実践、改良をしていくことで、「夏休み」のための十分な準備ができます。

 

今回はこれで以上です。読んでくださり、ありがとうございました。

一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加