目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

武田塾御茶ノ水本校講師が語る!日本史を得意にする方法

こんにちは。武田塾御茶ノ水本校講師です。皆さんは日本史は好きですか?歴史が好きな方は得意だと思うのですが、用語が難しい、時代の流れが覚えられない…というようなネガティブな意識を持っている方も多いと思います。そこで今回は日本史が超得意だった私が日本史がなかなか覚えられず、苦手意識を持っているような皆さんに日本史を得意にする、日本史で点数を取る方法をご紹介したいと思います。

 

1 とにかく教科書を読む

日本史は暗記科目です。用語を覚え、流れを理解してしまえば絶対に点数が取れる科目です。
また、センター試験は教科書に載っている内容しか出題されません。

したがって、センターで点数を取るためにはまず、教科書を何度も読み直すことが必須です。
声に出して音読するとなお効果的です。
何度も読むことによって、用語も少しずつ頭に入っていくし一つ一つの出来事が起こった順番も覚えることができると思います。
私は、教科書を何十回も読み返して、下に小さく書いてある注釈も全部覚えました。

 

2 難しい用語は書いて覚える

日本史は世界史と違って、普段使わないような難しい漢字も覚えなくてはいけません。
ただ読んで見て覚えようとしてもなかなか頭に入らないと思います。
日本史だけに限らず他の科目の暗記項目でも言えることですが、読んでも覚えられない!と思ったら、何度も書いて覚えましょう。
書いて書いて書きまくって手を動かすことによって、頭が働き、覚えるのに効果的です。
私も白い紙が字で黒く埋まるくらい何度も書いて覚えました。

 

3 史料問題の対策も

日本史の史料問題もしっかり対策しておくことが大事です。
教科書や史料問題用の参考書を丁寧に読み込んでおきましょう。
特に文化史は必須です。どの時代の誰の何の作品なのか、ということに注意して、何度も見て頭に入れることが大事です。

 

日本史はとにかく暗記科目なので、教科書、参考書を何十回も読み込むことに尽きます。そして用語は手を動かし、声に出して覚えましょう。これが日本史で点数を取る一番の近道です!読んでいただきありがとうございました。

一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加