目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

英語リスニングの点数を上げる方法

こんにちは。武田塾御茶ノ水本校講師です。
最近、暖かくなったり寒くなったり体調を崩しやすい時期ですが、くれぐれも日頃の体調管理は徹底してやってくださいね!

さて、今回は英語のリスニングの勉強方法をご紹介します。
センター試験でもリスニングを受ける方も多いと思いますし、二次試験でもリスニングが課されている大学を受ける方もいると思います。
なので、どうやったら点数が上がるか、どうやったら英語を聴き取れるようになるか、私なりの勉強方法ではありますが、ご紹介したいと思います。

20170520-1

 

1.とにかくシャドーイング

武田塾でも行われているシャドーイングというやり方はリスニング力向上のためには欠かせない、必ず行ってほしいものです。
シャドーイングとは英語の音声を聞いた後、即座にその音声を復唱するというものです。これを完全に聴き取れるくらいまで何十回も行うとよいです。
何回も聴いて聴いて聴きまくり、自分の耳を英語の音に慣らすことによって、少しずつ言っていることが聴き取れるようになると思います。

 2.設問文を必ずチェック

センター試験やいろんな大学の二次試験でも言える事ですが、問題用紙に選択肢や設問が書かれていたら、音声が流される前に必ず読んでおくことが鉄則です。
内容のどこを問われているのか、音声が始まる前にそれを頭に入れることによってどこに注意して聴けばよいのか、どこをしっかり聴き取らなければならないのかが分かり、音声が始まる前に自分の頭を整理して聴くことができます。
そうすれば集中力も上がるし、リスニングの点数も上がります。

 3.あとは過去問

もちろんどの科目にも当てはまりますが、リスニングでも過去問は必ずやっておきましょう。
自分の解くペースを知ることによって改善点や何が足りないのかが分かり、それに基づいて練習することがその後の良い結果につながります。

 

リスニングは何十回も英語を聴いて音読し、耳を慣らせば必ず点数は上がります。また、それを毎日やることによって少しずつ結果がついてきます。つまり、毎日の積み重ねが大事です。少なくとも一日20分はリスニングの練習に当てましょう。最初はなかなか思うような結果がでないかもしれません。でもそれが普通です。めげずにやり続ければ絶対に結果はついてきます。諦めずに取り組み続けましょう!

一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加