目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【慶應志望者必見!】それぞれの学部は本当のところどうなの?

みなさんこんにちは!

御茶ノ水校本校講師のFです。
最近とても暑いですね☀バテないように、体調には気をつけてください。

さて、慶應義塾大学にはいろいろな学部がありますね。

慶應志望の皆さんは学部に対していろんなイメージを持っているかと思いますが、実際のところはどうなのか?気になっている皆さんに!今回は慶應義塾大学各学部の実際ってどうなのか?をご紹介したいと思います。

20170523-1

端的に言い表してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

法学部法律学科

通称法法。司法試験を目指す人が多く、真面目で頭良い人が多い。授業数は限られているが、ほとんどの人が他の時間は塾に通って勉強している。

 

法学部政治学科

通称法政。帰国子女や推薦入試で入学する人が比較的多め。しかし授業数は文系で1番多くて土曜まで授業があることは普通。

 

経済学部

慶應の看板学部。起業する人が多い。男女比が8:2と偏っている。ミクロマクロの授業落としたら留年。

 

商学部

国立が第一志望だった人も多い。男女比は7:3となっている。授業は楽なものが多い。第二外国語は中国語は辞めるべき(個人の感想です)。

 

文学部

男女比が3:7と唯一女子率が高い。2年生から文系で唯一キャンパスが変わり、三田へ行く。文女というブランドがあるほどモテる。語学を落としたら留年する。しかし他は楽。

 

SFC(総合政策・環境情報)

慶應の一番新しくできた学部。独創性が高く、やりたいことが決まっている人が多い。最先端の授業が備わっている。しかし駅から遠いため大学へ行くバスの行列はディズニーランドの行列並と言われることも。

 

理工学部

理工系の唯一の学部。中には学問1〜5があり、詳しく分かれている。授業数は理系標準レベル。実験が2年の半ばから始まる学問もある。3年から日吉キャンパスから5分ほどの矢上キャンパスに移る。男子の比率が高く、男女比は8:2。

 

看護医療学部

人数が少ない。2年から実習が始まる。基本的に卒業後は慶應病院で働く人が多い。基本的に皆真面目。95%以上が女子。

 

医学部

人数が少ないため滅多に見ない。知能、財力ともに持つ学部で他の学部から一線を画している。もてる。医学部体育会は新歓がかなり豪華なことで有名。The慶應ボーイのイメージはここから来る。

 

薬学部

全体的に温厚で真面目な人が多い。薬学部のみのサークルやミスコンがあり、独自の文化が発展している。男女比は5:5と均衡。

 

※学部の実際のとらえ方には個人差があります。今回は一個人としての見方についてお話しました。

20170523-2

 

 

 

一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加