目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

定期試験を乗り越えるために必要な計画の立て方

こんにちは。武田塾御茶ノ水本校講師のKです。
最近かなり暑くなってきましたね! 5月ってこんなに暑くなるんですね。
学校の定期テストが近づいている人が多いと思いますが、テスト勉強はできていますか?

20170525-1

学校の定期テストは、今まで学校で習ったことがきちんと身に付いているかを確認するテストです。
基本的には学校で習ったことしか出ません。範囲が広いですが、武田塾の毎週の確認テストと同じで、今まで習ったことがきちんと身に付いていれば満点がとれるテストです。

 

なので、定期テストに向けて何か特別な対策をするというよりも、普段武田塾で行っている勉強法を、定期テストの範囲で同じように実践すれば大丈夫です。範囲も広いし、科目数も多いのに、どうすればいいの?と戸惑ってしまう人もいるかもしれませんが、計画のたて方を紹介するので参考にしてみてください。

 

1.まずテストまでにやらなければいけないことを書き出します。(例えば、問題集の何ページから何ページまでをやる、教科書の何ページから何ページまでを覚える、など)

2.次にテストまであと何週間かを出して、それぞれの科目で1週間ごとに到達したいゴールを決めます。(例えば問題集のこの章を終わらせる、教科書を何ページ覚える、など)

3.それをさらに4日で割って、1日分の量を決定します。

 

あとは1週間のうち4日は決まった量を進めて、残り2日で4日分の復習をする、といういつものリズムで進めていきます。確認テストがなくても、1週間ごとに勉強した範囲を確実に身に付けていくことが大切です。できない問題は必ずできるようになるまで繰り返し、完璧を目指しましょう。

 

これをテストまでの数週間、きちんと実践することで、テスト範囲が広くても十分な対策ができます。

 

定期テストの勉強も受験勉強の一部なので、同じ範囲をあとで勉強し直さなくてもいいように、テスト範囲になっている分野はこの機会に完璧にしておきましょう。今までに勉強したことがある範囲だから大丈夫という人も、理解していないところはないか、忘れている部分はないか確認しておきましょう。

 

武田塾では、定期テストの前はテスト範囲にあわせてルートを変更することも可能なので、遠慮なく相談してくださいね。

 

 

今回はここまでです!

一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加