目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

いよいよ6月。あなたはこの2か月どう過ごしてきましたか?

こんにちは。武田塾御茶ノ水本校講師の西嶋です。

5月がもうすぐ終わり、6月になりますが、4月から2ヶ月間を振り返ってみていかがでしょうか?

新年度になって、大学生は、手の抜き方を覚えた頃だと思います。

高校3年生であれば、部活の引退が目前で、高校生活最後の部活に精を出している時期でしょう。

既卒生は、6月は精神的に大変な、名付けるなら第一次鬱期みたいな感じだと思います。第二次は10月か11月です。経験者なので、わかります。

このように、受験生にとって6月は、節目の時期です。

大手予備校の模試が順次返却され、一ヶ月前の自分の成績を叩きつけられると、今の自分をどう変えなければいけないのか、見えてますか?

見えてるから大丈夫。という人は、そっとこの画面閉じて大丈夫です。そのまま突き進んでください。

ん〜…と少し悩んでしまった人は、ぜひ最後までみてください。

さて、本題です。

経験的に、武田塾には、毎年部活引退後に多くの高校生が駆け込んで来ます。

それは、自分が何をしたらいいのかわからずに武田塾を頼る人が多かったということです。

なので、今何をしたらいのかわからなくても大丈夫です。

今から考えましょう。

必要なことは、「今の自分を確認すること」「これから何をすればいのか」を見つけることです。

「今の自分を確認すること」は、簡単です。

返ってきた模試の結果を見返してみてください。

大手予備校の成績表は、めちゃくちゃよくできてます。

自分はどこが苦手なのか、得意なのかまで書いてくれているものもあるので、よーくみてください。

20170530-1

よーく見てもわからん!という人は、武田塾御茶ノ水本校まで受験相談を申し込んでみてください。かならず発見があるはずです。

受験相談は無料です。成績表の読み方がわからなくても、ゼロからちゃんとお伝えします。申し込みはこちら→こちらをクリック

「これから何をすればいのか」も、そんなに難しくありません。

できないこと、苦手な分野をなくして、得意なことをよりできるようにすればいいだけです。

受験において、大切なのか、多分「英語」です。

「英語」を使用しない大学受験はそんなに多くないですからね。

参考になるのは、逆転合格.comです。

こちらをクリック

自分用の特別カリキュラムが欲しいという人は、武田塾御茶ノ水本校まで。

急に飛び込みで来ても、ゆっくりできないことがあるので、ぜひ予約をしてください。

申し込みは→こちらをクリック

もし、武田塾にお試しで通ってみたいという人は、いい機会です。

毎年恒例、「夏だけタケダ」という企画が今年も行われるみたいです。

「今の自分を確認すること」と「これから何をすればいのか」は、1ヶ月間で武田塾の勉強法を手に入れて、夏休みのスタートダッシュの準備をしましょう。

お問合せはこちらから→natsudake-tbn

 

以上、武田塾御茶ノ水本校講師西嶋でした!

一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加