目次

武田塾 御茶ノ水校

武田塾 御茶ノ水本校

御茶ノ水本校の強み

武田塾御茶ノ水本校の強みについて、二人の御茶ノ水本校OB・OGに話を聞きました。
二人とも今は御茶ノ水本校の講師です。
東京学芸大学教育学部の野口裕登先生と、千葉大学文学部の大嶌あずみ先生です。

大嶌

「今回、御茶ノ水本校の強みということですが、まず野口君はどういう経緯で武田塾に入って、どんな勉強をしてきたのでしょうか?」

野口

「僕は高校二年生の夏に入りました。高校二年生になり、そろそろ受験のことを考えなければならないと思ったのがきっかけです。インターネットで塾を探していたら、武田塾を見つけました。」

大嶌

「大手の塾に入らなかったのはどうしてですか?」

野口

「中学受験の時は大手塾に通っていました。その時の結果が自分の思うようにいかなかったので、大手塾は避けたいなと思っていました。」

大嶌

「なるほど!その時、武田塾のここに惹かれたみたいなところはありますか?」

野口

一番はやはり、逆転合格でしょうか。自分の志望校と今の偏差値との差がかなりあったので、不安でした。あとは個別指導が魅力的でした。自分のペースで進められることが大事だと思っていました。

大嶌

「御茶ノ水本校に1年半通って、野口くんの受験の結果はどうでしたか?」

野口

結果は、第一志望の東京学芸大学に合格、そのほかにも早稲田大学教育学部、立教大学文学部にも合格することができました。

大嶌

「素晴らしいですね! 実は野口君は私の生徒でもありました。宿題もきちんとこなせる良い生徒だったと思います。」

野口

「ありがとうございます(笑)大嶌先生の丁寧で優しいご指導のおかげです!大嶌先生の受験はどのような感じでしたか?」

大嶌

「高校三年生で部活を引退して、入塾しました。学校の勉強の予習・復習もあって、予備校とかで授業を受ける暇はないけど勉強の習慣をつけたくて、自習できる場所を探していたら武田塾を見つけました。」

野口

「自習室はどんな感じで使っていましたか?」

大嶌

「自習室は学校が空いていない夜などに使っていました。」

野口

「なるほど。」

大嶌

「では、武田塾の強みについて考えてみましょうか。」

野口

「そうですね、大嶌先生は長年武田塾で先生をされているわけですが、武田塾の強みについてどう考えていますか?」

大嶌

武田塾の強みは、自習をしなきゃと追い込まれるところだと思います。

野口

「というと?」

大嶌

武田塾では週一回のテストがあって、先生にテスト結果を見せなければならないので、やらなきゃという気持ちになります。それで自分を追い込めるのです。
また、なぜこの参考書を使うのかといった、理由の部分を詳しく教えてもらえるので、自分で納得して参考書に取り組むことができます。

野口

「なるほど!確かに僕も武田塾に通っていた時は、テストで良い点数を取ることを目標にしていました。毎週目標があることにより、モチベーションを保つことができ、自然と勉強をする習慣が身に付きました。
実際、それで模試の点数も上がっていきました。」

大嶌

「でも、ただ宿題をやっているだけではだめで、しっかり自分が理解しているか確認する必要もあるよね。」

野口

「それはどうやって確認するのでしょうか?」

大嶌

「それが毎週の確認テストと、段階突破テストです。」

野口

「段階突破テストとは何か、改めて説明をお願いします!」

大嶌

「日大、MARCH、早慶といった大学のレベル毎に作られている物で、それぞれ過去問から問題が厳選されて、作成されています。」

野口

「過去問で構成されているということは、それで点数が取れる=そのレベルの大学に合格する、ということですね!」

大嶌

そう!毎週の確認テストと段階突破テストで、自分が本当にできるようになっているかが分かる!なんとなく分かった気になっていても、いざ問題を目にすると解けないことって意外と多いんです。自分の力で解けて、初めて『できる』につながるし、初見問題、すなわち段階突破テストでも解けるようになる。

野口

「なるほど。受験は全部初見問題ですもんね。初見で解けなきゃ意味がないですね。」

大嶌

「その通り。それが武田塾だとできるようになる。野口くんが思う武田塾の強みは何ですか?」

野口

僕が思う武田塾の強みは、やっぱり先に述べたように自分のペースで進められることだと思います。人間、得意、不得意が必ずあります。その中で不得意なものを重点的にやることは、大手予備校だとできないと思います。でも武田塾なら個別指導だから、しっかりカバーできる。しかもやるべきことがはっきりと示されるから、自分のやる気さえあればどんどん先に進んで行ける。

大嶌

「確かにそうですね。大手予備校だと、みんな同じペースで、いっぺんに授業が進んでしまうので、自分の苦手なところだけというわけにはいかないですね。」

野口

「はい。だからこそ、逆転合格が必要な僕には大手予備校が合わなかったと思います。」

大嶌

「でも、自分のペースでできても、やる気がないと当然進められないし、合格できないと思います。」

野口

「もちろんそうですね。やる気がないと進まないし、終わらないです。そういう意味では僕はやる気はあったと思います。」

大嶌

「自分でしっかりやってやるという気持ちが大事なのは間違いないですね。」

野口

「僕が受験生の時にも、大嶌先生から聞いた気がします。(笑)」

大嶌

「あとは、特に御茶ノ水本校の強みはありますか?」

野口

「御茶ノ水本校には、厳しい受験勉強を乗り越えてきたきた先生方がたくさんいらっしゃいます。全員の指導能力は抜群ですし、そういった先生方から聞くことが出来るお話は、とてもためになりました。僕の場合は、国立大学に通われていた大嶌先生に国立大学の話を聞け、もう一人慶應大学に通われていた先生からは、私立大学についてのお話を聞くことができました。大学の話を聞くことで、大学に対するイメージより強く湧き、受験勉強がはかどりました。」

大嶌

「なるほど。確かに御茶ノ水本校の先生は、東大と早慶がメインで、みんなとてつもなく優秀ですね。大学の具体的なイメージを持つことは、受験に対しても大事ですが、入った後にも役立つことだと思います。

野口

「そうですね。今ではそのおかげで楽しい大学生活を送れています。また、講師の先生は優秀なだけでなく、親身になって悩みを聞いてくれて、すごく面倒見が良かったです。武田塾に入ったばかりだと、勉強ができない状態の人が多いと思います。先生はどんな初歩的な質問にも、熱心に、分かりやすく答えてくれました。

大嶌

「御茶ノ水本校の一番の強みはそこだよね。講師みんなが、生徒の成績を上げて行きたい大学に合格させるにはどういう指導をすればいいのかということを常に考えてる。自分の担当の生徒でなくとも、みんな親身になって相談に乗る環境ができてるよね。

野口

「僕も、大嶌先生には本当に色々とお世話になりました。(笑)
先生と生徒が一緒になって、受験を戦っていくぞという雰囲気があります。
これを読んでくれているみなさんも、御茶ノ水に来てくれれば、一緒に頑張っていくことができます。ぜひ一度見学に来てください!」

大嶌

「そうですね!何でも相談してほしいです。待っています。」

以上、大嶌先生と野口先生に、御茶ノ水本校の強みについてお話を聞きました。

気になることがある人、大嶌先生・野口先生に会いたい人は、ぜひ武田塾御茶ノ水本校まで!

Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加