目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

佐々木 健多
ささきけんた

大学・学部

早稲田大学 商学部

担当科目

英語、国語、数学ⅠAⅡB、日本史、倫理政経、化学基礎、生物基礎
受験の時の経験
僕は、高校三年生の6月までテニス部で活動していました。
そのため勉強のペースが他の人よりかなり遅れていました。しかし、第一志望を諦めたくないという強い思いから、部活動引退後に猛烈に勉強しました。
塾の先生や親からは、第一志望は厳しいと言われていましたが、部活動を最後までやり遂げることが出来たという自信から、最後まで諦めませんでした。
受験期は、人生で一番勉強をする時期です。
最後まで勉強を頑張りぬくことが出来たことで、達成感とともに、今後の人生に大きな自信がつきました。
第一志望について悩んでいる方へ
第一志望を決める、これが人生を大きく左右するかもしれないのに、考える時間は意外と少ないです。
悩んだ末に、やっと志望校が決まったと思っても、模試の結果が出てみると、苦手科目の成績がやたらと目について、不安になってまた迷ったりします。
僕も模試のたびに迷っていました。迷うことは、とても重要なことです。しかし、安易に第一志望を諦めてしまうよりも、なるべく前向きな選択をするべきです。
受験期に一番良かったと思えることは、最後まで第一志望を変えずに頑張ったことです。
最終的には、第一志望には受からなかったですが、もし早い段階でネガティブな選択をしていたら、その分努力が減って、今の大学に通うことすらできなかったかもしれません。
第一志望に迷っている皆さんも、ポジティブに、悔いの残らない選択をするようにしてください。
迷いつつも、なるべく悔いの残らない選択をしてこそ、その後の合否に関係のない財産である、“諦めず戦い抜いた経験”が得られるのです。
武田塾の良いところ
武田塾の最大の特徴として、授業をしない、というところがあります。
大学受験用の参考書がものすごく充実している中、独学の方法を指南するこの塾の形態は、非常に合理的だと思います。
参考書を使って、完全に独学で勉強ができることが理想ですが、独学で勉強を進めるにあたってのデメリットとして、第三者の目で見ることが難しい、という点があります。
自分で予定を立てて勉強する場合、どうしても教科毎の勉強量が偏りがちです。
武田塾は、そのバランスを、生徒一人一人にきちんと指導を行うことで安定させ、独学でも、授業を受けているのと遜色のない、いやそれ以上の学力をつけることができるのです。
受験生にメッセージ
現在、計画通り勉強が進み、受験生活が順調であるという方、素晴らしいです。そのまま努力を続けてください。
今思うように勉強出来ていない、受験生なのに受験モードになかなか入れない、そんな方、安心してください。僕もかなりの間、同じ状況でした。
そんな苦しい状況を僕は、受験生のフリをする、という方法で打破しました。
例えば、電車の中では常に単語帳を開く、学校の授業の休み時間中は自習の時間にする、など。これを実践すると、受験生の自覚がどんどん芽生え、もっと削れる時間はないか、より効率的に勉強するにはどうしたらいいかなどを考えるようになります。
考え方が受験生らしくなっていくのです。 結果、勉強が大きく進みました。今勉強で立ち止まっている方、悩むよりまずは行動です。受験生らしくふるまうことから始めてはどうでしょうか。
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加