目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

井伊 彩子
いい あやこ

大学・学部

早稲田大学 教育学部

担当科目

英語、国語、世界史、地理
大学で勉強していること
サークルで地理を、ゼミでは歴史を、副専攻ではEU関係を学んでいます。 ゼミでは、ロシア近現代史、主にナショナリズム論についての卒論を執筆しています。
世界史を勉強したことのある人はこれを聞くと、あ、この人世界史好きだったんだな、とか、暗記科目得意だったんだと思われるかもしれませんが、違います。
受験生の時は、最後まで世界史に苦しめられました。この暗記をしていったい何の意味があるのか、年代とかどうでもいいじゃん…と思いながらも、必死に覚えていました。
今の地理歴史専修は、地理を学ぶことで視野を広げたいと思い入ったので、元々は歴史にそこまで興味はありませんでした。
しかし、大学の歴史学は所謂暗記ゲーではなく、「歴史」そのものを様々な史料を用いて実証していき、事象の根本や言葉の定義を捉え直すようなものです。
自分が今まで知らなかったモノの見方を学び、そうした視点や考え方を利用して事象を研究したいと考え、歴史学を選択することにしました。
例えば「ウクライナ人って誰のことを指している?」なんて多分歴史学に出会わなければ考えなかったと思います。
この言葉の根本、定義から考える癖は就活の役にも立ちました。
皆さんも、無事大学に入った暁には、さまざまな学問にチャレンジしてみてください!
武田塾のいいと思うところ
「カスタマイズ自由」
私が武田塾を選んだ最大の理由はこれでした。浪人した当時、世界史と数学が苦手でその二つをしっかりやってくれる予備校を探していたのですが、他の予備校はどちらか一つを強化するクラスしかなくて…。
武田塾では基本となるカリキュラムがあり、それを元に、生徒に合わせて講師が必要な参考書を追加したり、不要な参考書を削除したりしてくれます。
それにより、自分の進度や苦手分野に合わせて、効率良く勉強することが出来ました。
また、御茶ノ水本校には、世話好きな先生が多いのも魅力だと思います。
受験生にメッセージ
「納得できる受験」をしてください。 毎年、受験生から良く聞く言葉は「あの時もっとやっておけば良かった」です。
受験日になって、後悔しながら受験をして失敗し、そのまま大学進学では、なかなか気持ちの整理がつかず、折角の大学生活を楽しめないと思います。
人間、ある程度、満足、納得していなければ次に進むことができません。
大学生活を謳歌するためにも、毎日の勉強を後悔が無いように、しっかりとやりましょう!
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加