目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【2021年度】早稲田大学政治経済学部の一般入試改革とは?

2021年度入試より、早稲田大学政治経済学部の一般入試改革が行われるのは有名な話ですよね。

 

今回はこの一般入試改革について書いていきます!

 

早稲田大学政治経済学部の一般入試改革

 

入試改革によって、これまで一般試験と大きく異なるのは、

大学入学共通テスト英語外部検定試験学部独自試験の合計点

で選抜されていることです

 

 

入試改革後の試験内容・方式

試験内容

 

⑴大学入学共通テスト(100点)

 

大学入学共通テストとは2020年にセンター試験が廃止されて、導入される新たなテストです。

内容は以下の4つとなります。

①外国語

②国語

③数学Ⅰ・A

④選択科目

a.地理歴史 「世界史B」「日本史B」「地理B」

b.公⺠  「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治・経済」

c.数学  「数学Ⅱ・数学 B」

d.理科  「物理基礎」「化学基礎」「⽣物基礎」「地学基礎」から 2 科目

あるいは「物理」「化学」「⽣物」「地学」から 1 科目

 

それぞれの得点を25点に換算し、合計で100点満点となります。

今までと違って、数学が必須になります。

 

⑵英語外部検定試験(30点程度)

 

HPの記載によると

使用できる英語外部検定試験は、大学入学共通テストで活用される試験を前提として検討中です。

とありました。

 

おそらく採用される外部試験は、

・ケンブリッヂ英語検定

・実用英語技能検定

・GTEC

・IELTS

・TEAP

・TOEFL

・TOEIC

あたりですね。

(3)学部独自試験(70点程度)

1科目を90分で解く形式になります。

 

問題は日英両言語による長文問題が2題です。

 

また、全体で見ると共通テスト25点、外部検定試験30点程度、学部独自試験70点程度

つまり125/200点ほどが英語に配点されると考えられます。

 

募集人数

 

現在の募集人数は、

450人(政治学科 150人、経済学科 150人、国際政治経済学科 150名)

ですが、

 

入試改革後は、

300人(政治学科 100人、経済学科 140人、国際政治経済学科 60名)

 

となります。

 

 

 

試験問題

 

昨年8月に大学側が公式にサンプル問題を公表しました。

そのサンプル問題はこちら↓

早稲田大学政治経済学部サンプル問題

<https://www.waseda.jp/fpse/pse/news/2018/08/03/9136/より抜粋>

 

大問1:日本語読解問題

大問2:英語長文読解問題

の2題構成になっています。

 

どちらの大問も共通して言えることは、記述問題のウェイトが大きいということです。

 

さらに大問2は単語のレベルはそこまで難しくないように感じますが、

本文にも問題にも図表が多く出てきています。

 

入試改革はまだ先の話ですが、

求められる力は今までとかなり異なるので早期対策は必須です。

これを参考に、求められる記述力・思考力を普段から磨いていきましょう!

 

 

 


武田塾御茶ノ水本校の2019年度、多くの逆転合格者が生まれました!!

詳細はコチラから↓

https://www.takeda.tv/ochanomizu/student/post-130732/

 

 

武田塾御茶ノ水本校の人気記事TOP5

 

1位 【常識破り!?】受験勉強の効率を7倍にする方法!

 

2位 【受験生必読】2019年入試 大学受験難化予想! その対策とは?

 

3位 経済学部・経営学部・商学部の違いってなに?

 

4位 【大学受験】GMARCH法学部の違いは?難易度・特徴を徹底比較!

 

5位 【合格速報】偏差値46UP!慶応義塾大学経済学部・早稲田大学政治経済学部W合格!

 


 

 

\ まずは、お気軽に無料受験相談をご利用ください /

↓ ↓ ↓ 

 

お申し込みはこちらから!

 

 

 

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加