目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【新高3必見】私大文系受験生の1年間のスケジュールはこれ!

こんにちは!御茶ノ水本校講師の齋藤です。

 

 

 

今回は新高3年生、新受験生に向けて

私大文系受験生、1年間のスケジュール

について書いていきたいと思います!

 

 

 

 

受験生といったら1日勉強漬けですごくつらい…

というイメージを持っている人たちがほとんどだと思います。

 

 

実際に受験はつらいです。

しかし、具体的にどんなことをしてなにがつらいのか

ってわからなくないですか?

 

 

なのでそこを含め、この時期はどんな勉強をすべきか、

何に注意すべきか、など細かく書いていこうと思います。

 

 

 

 

~私大文系受験生の1年~

3月

ここでやるべきことは

1,2年次の復習

これを少しでも多くの時間やることを心掛ける

 

これに尽きます。

 

まだ受験生であるという実感がなく、

中々勉強に取り組めないかもしれませんがそういう人は

下の記事を読んでみてください。

 

自分が今やるべきことが詰まってます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

【新高三必見】受験勉強はいつから?この春にやるべきこと教えます。

 

 

 

 

4月

本格的に受験生スタート!!

まずは基礎から仕上げていくことを目標にしていきましょう。

 

参考書は

英語

・単語帳

・文法書×2(実践中心、解説中心)

 

 

国語

・単語帳

・漢字読み書き

・読解問題集

 

 

社会

・講義系の参考書

・問題集

 

 

が必須。最初は各教科1時間でいいので

いきなり長時間やろうとしだすのではなく

短時間でも毎日継続できるようなスケジュールを立てる。

 

 

 

 

5月

第1回全統マーク、記述模試

ここで志望校と今の自分とのギャップにぶちのめされる。

 

この時、現実から目をそらさずにその点数と向き合って

何が今の自分の弱点なのか把握して勉強の計画を立てられる人

共通してこの後ぐんぐん伸びていきます。

 

模試の復習の仕方を詳しく知りたい人はこの記事をチェック!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

成績が上がる模試の復習の仕方!

 

 

参考書は

英語

・熟語暗記系単語帳

・構文解釈

・長文問題

 

あたりを追加で勉強しだすのがおすすめ。

国語は最初の参考書より難易度をあげたもの、

社会は流れを確認できるような参考書と

もう少し細かい問題が出てくる参考書を使い始めたい時期です。

 

勉強10時間はもう慣れていてほしいころ。

 

 

 

 

6月

このころには受験勉強も慣れ始めてくると思うので

休みの日は最低10時間以上勉強時間は確保する。

 

夏で基礎を完全に固めようとする学生が多いですが、それでは遅い!

この時点で単語や文法を仕上げることが理想です。

 

 

 

 

7月

英語、国語共に難しめの長文を読み始めて

今までの知識を実践で使っていく勉強に切り替えていきましょう。

 

だからと言って完全に知識のインプットをやめるのではなく、

あくまで比重を減らす程度で!

 

 

そして、第2回全統マーク模試が控えています!

夏休み前のとても重要な模試!

基礎の確立、ここまでで見つけた弱点を夏休みでどこまで潰せているかで

今後の勉強スケジュールは大きく変わっていきます。

 

なぜなら秋から過去問演習が控えているため。

過去問演習を始めたのに基礎ができていなくてボロボロ、

また基礎からやり直し、なんてしていては

何時まで経っても志望校には近づけません。

 

 

 

 

8月

ひたすら勉強、最低1日10時間毎日勉強。

そして夏バテとの闘い。

受験の天王山なんて言われますがそれは決して大げさではないです。

ここで踏ん張れるかどうかが本当に運命の分かれ道になります。

 

そして8月末の第2回全統記述模試がこの夏の集大成になります。

ここで点が思うように取れていないとメンタルがボロボロになりがちですがここで折れるのは厳禁!!

あくまで目的は2月の受験合格で、8月の模試で点を取ることではないからです。

 

 

 

 

9月

部活やってた人たちが引退して、勉強に本腰を入れ始めるころ。

 

この部活勢は今まで培ってきた努力する力が半端ないので

すごい早さで追いついてきます。

 

 

勉強進捗としては、

この月で赤本に取りかかることが理想

 

1度自分の志望校の赤本を解いてみるとまたもや現実と理想のギャップに

やられるますが、明確に具体的な目標が定まりやすくなります。

(大問1の問題形式が苦手だから、こんな勉強をしたら克服できそう など)

 

今の時点で志望校5割以上取れなければ、基礎がしっかりしていない可能性が高いです。

解答を見返して、本来解けるはずなのに落としている問題を見つけてください。

それが今まで見落としていたあなたの弱点なので、

まずはそこを参考書で確認していけば少しづつ点は上がっていきます。

 

 

 

 

10月

ついにセンター試験出願!!!

 

さらに、第3回全統マーク、記述模試も控えています。

センタープレテストを残して、最後の模試になります。

ここでの判定次第で、志望校をほぼ最終決定する人も多いです。

 

ひたすら赤本解いて、実践経験詰んで、

そこで見つけた弱点を参考書で潰していく日々。

 

 

冷えてくるのでここらへんから体調管理に全力を尽くしてください!

 

【受験生の疑問】風邪をひいてはいけないとうるさく言われるワケ

 

 

 

 

11月

全統センター試験プレテスト

最後の模試、ここで点が取れないと精神的にボコボコにされるけど

こんなところで折れて今までの努力を無駄にするのが1番ダメだと

個人的には思います。

 

赤本漬けの日々に、少しずつセンター過去問を織り交ぜ始めます。

 

 

 

 

12月

センター過去問を解けるだけ解く!

全教科最低1日1年分はやっておきましょう。

 

 

直前期は社会が特に伸びやすいので

自信がない人はそこに時間を多めにとるのも戦略の1つです。

 

センター過去問は私大の問題に比べて比較的簡単なので

腕がなまらないようにするためにも私大の過去問は継続的に解き続けましょう。

 

 

12月後半から1月半ばにかけて私大受験申込が開始。

どんなに勉強を頑張っていてもここでミスしたら受けることすらできなくなってしまうので

受験前1番大切な時期といっても過言ではないです。

 

 

さらに、受験日程の組み方も気を付けないと

何日も連続で受験することになったりします…

 

 

健康管理必須!!!!!!

予防接種をするタイミングはいつ?最強のインフルエンザ対策2018/2019!

 

 

 

 

1月

1月半ば、ついにセンター試験…!

 

2021年度からはセンター試験が廃止されて

大学入学共通テストというものになります。

https://takeda-ochanomizu.com/blog/4636

 

 

センターでうまくいっても、いかなくても、

今まで1番時間をかけてきた一般受験がこの後控えています。

気持ちの切り替えが大切。

 

 

 

 

2月

力を出し切るとき!!

 

 

緊張でご飯が喉を通らない人が続出しますが

それで体調を崩したら元も子もないので最低限は栄養を取りましょう。

 

 

そして合格はセンターも一般も同じぐらいの時期に発表されます!

大学ごとに発表日は異なるので注意!

 

 

 

 

最後に

受験生の1年をざっとではありますがまとめてみました。

 

これが、少しでも新受験生のみなさんの今後のスケジュールに役立ったらいいなと思っています!

 

 

まったく勉強に縁がなかった人たちはこんな生活はきついと思うかもしれません。

 

しかし、この1年頑張るか頑張らないかで、ここから先の人生が大きく変わってくるんです。

 

それを考えて、今やるべきことを決めてみてください(^^)

 

 

 

 

 

 


 

武田塾では、逆転合格のためのルートを紹介しています!

成績が伸びない…という悩みを持っている方いませんか?

今の勉強を見直すことで成績は大きく上がりますし、まだまだ

間に合います!

無料受験相談を受付中!1時間の面談で勉強の不安を解決できるので

ぜひ気軽にご相談ください!

 

無料受験相談申込はこちらをクリック

 


 

☆人気記事TOP5☆

 

1位

 済学部・経営学部・商学部の違いとは?

 

2位

 ンター利用おすすめ出願校2019

 

3位

 語なしで受験できる有名大学まとめ!

 

4位

 私立文系の学受験って、有利?不利?

 

5位

 GMARCH学部、難易度・特徴を徹底比較!

 


\ まずは、お気軽に無料受験相談をご利用ください /

↓ ↓ ↓ 

お申し込みはこちらから!

 

 

 

 

 

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加