目次

大学受験の常識をくつがえす!授業をしない個別指導でわかるまで徹底管理!

武田塾 御茶ノ水本校

BLOG

【大学受験】高2からの受験勉強の進め方

 

こんにちは!

武田塾御茶ノ水本校です。

 

高校2年生のみなさん!

受験勉強は、もう始めましたか?

 

ドキッとした人もいるんじゃないでしょうか?

 

今回は、「高2の受験勉強」をテーマにしてみました。

 

進路や勉強に悩む高校生は、ぜひ読んでみてください!

 

高2からの受験勉強はメジャーなのか?

 

man and woman sitting on chairs

そもそも、受験勉強は高2から始めるもの何でしょうか?

 

高2といえば、部活も学校行事も一番忙しい時期!

 

加えて、受験勉強なんて「勘弁してくれ〜、、」って感じですよね。

 

しかし、データをみてみると驚きの数字が・・・・

 

高2から受験勉強を始めた人は○%だった!?

 

何を「受験勉強」と定義するかは、かなり曖昧ですが、

 

高2から大学受験を意識している人は、

 

少なくとも、私の周り(高校(公立)、大学(早稲田)、武田塾)には、

ほとんどいませんでした!!(大丈夫か?)

 

・・・ですが、ある予備校のデータによると、

 

難関大学に合格者の約70が高2うちから受験勉強を始めているんです!

 

つまり、高3から受験勉強を受験勉強を始めて、

難関大学に合格している人は、たった30%なのです!!!

 

(誤ってこのページを見ちゃった高3生は逆転合格を目指して武田塾にお越しください

 

と言うことで、

結論:高2から受験勉強しましょう!!

 

高2からの大学受験対策・勉強法

woman reading book while sitting on chair

では、高2からの大学受験対策・勉強法はどのように進めれば良いのでしょうか?

 

武田塾式の勉強法を解説して行きたいと思います!

 

高2からの大学受験対策・勉強法の基本方針

 

高2ともなると、文系理系の選択があって、志望校も(ぼんやりと)決まっているころではないでしょうか?

 

それぞれの志望校や文理によって科目数やペースが異なってくるので、

私立・国立、文系・理系に分けて解説していきたいと思います!

 

ちなみに、志望校は旧帝大などの難関大学を想定しています!

 

私立文系志望の高2はとにかく英語重視で!

 

私立文系はとにかく、英語の配点が高いです。

例をあげると、

早稲田大学政治経済学部は、英語(90点)国語(70点)選択科目(70点)

と、英語が他の科目よりも20点も高く配点されています。

 

さらに、私立文系の受験生の多くは、英語を得意科目としています。

 

つまり、英語の1点はめちゃめちゃ重いのです!

 

なので、高2のうちに英語を完成させることが合格への近道です!

 

具体的には、高2のうちに英語MARCHレベルを完成させましょう!

 

私立理系志望の高2は数学を重点的に!

 

私立理系は、英語数学理科(場合によっては二つ)の試験科目となる場合が多いです。

 

英語ができるようになるのはもちろんですが、高2の間に数学をどれだけ詰められるかが鍵です!

 

特に、理科が二つ必要になった場合、数学と同時並行で勉強を進めるのは至難の技です。

 

高2のうちに、数学MARCHレベルの完成を目指しましょう!

 

国立文系志望の高2は英数国の基礎完成を目指そう!

 

国立文系となると、大事になってくるのが、センター試験です!

 

特に、配点がセンターにかなり偏った大学もあるので、ここで高得点を取るのが合格への鍵となってきます!

 

しかし、科目数が多いゆえに、高3から全科目0ベースからスタートするのはかなり厳しいです。

 

そこで、二次試験でも出題される可能性が高い英語・数学・国語の基礎を完成させておくことが重要になってきます。

 

センター試験と二次試験の基礎を固めることで効率的に受験勉強を進めることができるのです!

 

まずは、三科目とも日大レベル完成を目指して頑張りましょう!

 

国立理系志望高2は英語と数学の基礎完成を目指そう!

 

国立理系志望もセンター試験は鬼門となってきますが(場合によっては)文系ほどではありません。

 

特に、志望校のレベルが上がれば上がるほどです。

 

東京工業大学→センター試験5教科7科目で600点を越えれば2次試験を受験できる。

東京大学→センター試験5教科7科目900点満点を110点に圧縮。

 

しかし、二次試験のレベルがめちゃめちゃに高いのです。

 

なので、こちらも二次試験で必ず必要になってくるであろう、

英語を日大レベルまで、数学理科MARCHレベルまで完成させておくことが望ましいです!

 

さいごに

 

武田塾でも多くの高2生が毎日勉強しています!

 

使用する参考書も、ペース・詳細な使い方の全てを公開している武田塾にわざわざ入塾して勉強する意味とは何でしょうか?

 

それは、受験勉強で最も大切な“逆算”がしやすいからです。

 

いつまでにどんなペースで、どこまで終わらせるのか?

この形式の問題を特には、どんな参考書で演習するべきか?

 

武田塾では、一人で解決することはできない、自学自習のサポートを「特訓」という形式で行なっています!

(特訓については下の記事を参照してください。)

 

また、一人一人の受験生によって、カリキュラムを組むかは千差万別です。

 

無料受験相談では、そのような悩みを解決し、あなたにとって最適なカリキュラムを提供いたしますので、

ぜひ武田塾御茶ノ水本校へお越しください!

武田塾の特訓とは何か?


武田塾御茶ノ水本校の人気記事TOP5

 

1位 【常識破り!?】受験勉強の効率を7倍にする方法!

 

2位 【受験生必読】2019年入試 大学受験難化予想! その対策とは?

 

3位 経済学部・経営学部・商学部の違いってなに?

 

4位 【大学受験】GMARCH法学部の違いは?難易度・特徴を徹底比較!

 

5位 【合格速報】偏差値46UP!慶応義塾大学経済学部・早稲田大学政治経済学部W合格!

\ まずは、お気軽に無料受験相談をご利用ください /

↓ ↓ ↓ 

お申し込みはこちらから!

                                

 

 

                                        
一覧へ
Copyright © 2017 武田塾御茶ノ水本校
All Rights Reserved.
お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加